ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183
21.Jul.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25.Jan.2008
不思議な人々。

前の日記ではイギリスの一番深刻な問題点と言える杜撰なサービスの現状を赤裸々に(?)報告をしましたが、とかくイギリス人は不思議な人種です。
仕事面では人に迷惑をかけようと微塵も気にしないのに、ひとたびプライベートになると、揃って困っている人の強い味方です。



つい先日、とある服屋さんで、「弱者に親切 + カスタマーサービスが最低」のちょうどいい事例に遭遇しました。
若い女性客が、ポイントカードを使えるか使えないか尋ねたところ、40代くらいの店員が、非常に態度悪く「no!」と言ったということで、その女性客が怒り、怒られた店員は突如号泣しだしたのです。

「あなたの態度はとっても無礼よ!」
「えーん、しょうがないじゃないの、私は使えないから使えないって言ったのよー」
「だけど、言い方がすごく感じ悪かったわよ!」
「えーん、だって私はマネージャーじゃないから、そんな権限ないんだものー」
「あなたの態度のことを言ってるのよ!」
「えーん、私はただのレジ係りよー」


話がいっこうに噛み合っていませんが?と思っていると、マネージャーが登場し、
「本当はポイントカードは使えませんが、特別にOKにしますので、どうかもうもめないで下さい」
「私はそのことをどうこういってるんじゃないのよ、彼女の態度が最低だったのよ!」
「えーん、私は無理だから無理って言っただけよー」
「彼女はうちで5年も働いていて、とてもいい人なんです。どうかもうお引取り下さい」


2対1になってもその女性客はがんばっていましたが、そこへ横のレジの中年客が、
「ちょっとあなたもうやめなさいよ!彼女泣いてるじゃない!」
「?!あなた関係ないでしょ?黙ってて」
「黙るのはあなたよ!店中があなたが黙るのを待ってるのよ!」


その女性客はキレテ
「Shut up!」と捨てゼリフを吐きつつ帰って行きました。
確かに、店中のムードが号泣店員にやさしかったことは言うまでもありません。
とりあえず、この国ではカスタマーは神様ではありません。
そして、泣いている人には優しくしなければいけません。
楽しい国、イギリス。


ところで、香水の件でお騒がせしておりましたが、Tendre Poisonが復活する日まで使う香水を決めました。
時間が経った後の香りがよい感じ。



情報提供してくださった方、ありがとうございました☆

よろしければ↓のバナーを一回クリックして、ブログランキングの応援をどうぞよろしくお願いします…!!
どちらのバナーでもOKです。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ




PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
初めまして
ちょうど、私もサービス業の件でブログ書き書きして
送信したら、「ロンドン暮らしっく」さんの記事が目に留まり、
思わず読んでしまいました。
やっぱりまだまだ私の出来事は序の口でしたね。
不思議な事、多いですよね。そして、それを不思議と思い、共感できるとき、あぁ、私って日本人なんだって改めて感じています。
私は、もうすぐで帰国なんですが、これからも、いろんなイギリス流の発信、楽しみにしています♪
あおい URL 2008/01/27(Sun)08:31:17 編集
あおいさん☆
ようこそ!!
ほんとに、繊細な日本人は一気に病気になってしまう国ですよね。
おあいさんの記事を読ませていただいきましたが、ほんとに怒り爆発!
今度みかけたらただじゃおかんぞ!って感じですね。
でもまあ、それこそ「やんなっちゃうわね」ですぐ忘れないと、生活できませんよね。
p.s. あおいさんのところで送信がうまくいかず、コメント二重投稿になっちゃいました。お手数ですが、一つ削除お願いしますー、すいません!
【2008/01/27 21:23】
ほんとですね
初めてコメントさせていただきます(少し前からクラシック入門のメルマガを拝読させていただいている者です)。
「不思議な人々」同感です。カスタマーサービスなど、仕事では無責任と思われる態度が多い(?)のに、街中で困っている人には親切ですよね、イギリス人(イギリスに住む人)。
サービスの悪さを「あきらめ」る境地には至りませんが、人に親切にするところはイギリス人を見習いたいと思います。

mami URL 2008/01/27(Sun)21:33:12 編集
mamiさん☆
ようこそ!!
週刊classic読んで下さってありがとうございます☆
プロのライターさんに読んでいただけて光栄です!
ほんと、辻褄は全く合ってないし、論点は都合よくスライドするし、したい放題なんですが、「弱者の味方」精神は、見習うべきとこですよね。
あきらめる時と負けずに戦う時の判断が、イギリス初心者には難しいですよね。
4年半住んでてもまだ慣れませんー
【2008/01/27 23:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
mobile
忍者ブログ [PR]