ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[1]  [2]  [3]  [4
11.Dec.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

発表会のスナップです。
フォトグラファーI君にお願いして、ランダムに撮影してもらいました。





雨の日の教会内は薄暗く、どことなく厳粛な雰囲気が漂っていました。




出番を控え、緊張の中楽譜チェックに入念な待ち組。






袖で演奏を見守るウグイスYちゃんと私。これが緊張。







高い天井に、Steinwayの音が響き渡ります。






キレイなオーガンジーのドレスや、フリフリレースのカーディガン、サスペンダーにしゃっきりシャツ。
日常と違う装いで、思い出の日を飾るという経験は、七五三や成人式もそうですが、やはり子供にとってももちろん、親御さんにとっても幸せで貴重な経験ですね。
みんなの幸せオーラをたくさんいただきました。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
09.Jun.2011
発表会終了♪
先週日曜日、雨女のわたしの本領発揮で午後から雨の降る中、第5回発表会が無事終了しました。

34名が見事に練習の成果を発揮してくれて、2時間半の長丁場、充実した発表会となりました。
興奮状態の中にほっとした表情を見せて舞台からはけてくる一人一人の顔を見ながら、頑張って一山越えた人間の表情って、ステキだなと再認識。
Well done 全員!

今年は過去5回の中で参加人数、演奏時間ともに最大規模になったため、準備段階から心身共にてんてこまいでした。
震災の影響もあって個々に事情のある出演者がいたことや、2年目、3年目で上達の壁を乗り越えなければならない時期にいる子供たちが多かったこともあり、指導もいつもよりパワーを要しました。
それもあって、演奏者の笑顔、保護者の方々やお越し下さった皆様からの素敵な感想や労いの言葉で、本当に救われた思いになりました。


生徒さん達からいただいた沢山のお花、プレゼント、お菓子に囲まれて、ありがたく至福週間を送らせていただいております。



へとへとになってはいたものの、早速「来年は何の曲??」と聞いて来る子供たちのお陰で、また来年頑張ろうと奮起しております。


二人三脚でやってくれた夫、今年も手伝ってくれたアナウンス嬢(本当はピラティスト)Yちゃん、フォトグラファー(本当はファッションフォトグラファー)Iくん、万能フレンドS、強力サポーターR、そして、見に来てくれたお友達みんな、本当にありがとう!!!

みんなの支えなしにはなし得ない発表会。
反省点をチェックし、また来年頑張りたいと思います。
スナップをまた載せますので、どうぞお楽しみに☆





コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
今年も発表会が後1週間後と迫って参りました。
一応私自身の準備諸々は何とか完了し、この一週間は、最後のレッスンに全力をあげるのみです。

今年は比較的みんな気合いが入っているようで、「今までで一番練習した!」という言葉をよく聞きます。

今年のプログラムはコレ。


子供たちが、いつもクリスマスや発表会なんかにくれるカードによくかわいらしいピアノの絵を書いてくれるのですが、それをいくつか選んで背景にしました。
幼稚園から低学年くらいの作品なのですが、意外にも皆さんに「これ、先生が書いたんですかー?上手ー!」とほめられることが多いという予想外の反響です。

それにしても快晴→どしゃ降りの繰り返しで変なお天気が続いています。
日曜は晴れるといいなぁ。雨女でおなじみの私ですが。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
トイレは依然故障中ではありますが、よいこともありました。
このほど、王立音楽検定協会のグレード試験を受験していた生徒さんたちの合格結果が出そろいました。
気持ちよく一年を締めくくれそうです。

中でも、仕事をしながらコツコツ練習を続けた大人の生徒さんの合格には思わず叫んでしまいました。
彼女は絶対音感をもっていないため音楽を把握するのが通常よりも難しいのですが、その困難を努力の継続でもってカバーしました。さらに今回は、大怪我に見舞われたり、思いがけない引っ越しトラブルに遭遇したり、かなり厳しい状況だったにも関わらずに最後まであきらめずにトライしての合格だったので、喜びもひとしおです。
「信じられない!」と驚き桃ノ木の生徒さん。
合格通知がよいクリスマスプレゼントになりました。

いやはや、子供もさることながら、大人の努力って、ステキです。
見習いたい…


こちらは、ロイヤルコレクションが販売を開始した来年のロイヤルウェディング記念食器3点セット。
ウィリアム王子とケイト(キャサリン)のイニシャルデザインです。





コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。

ここ数日赤だしのお味噌汁を食べています。
先日の味噌ダレと、分厚い卵焼きのサンドイッチがとても乙な味だったので、オススメです。
これでパンが日本のパンのように美味しかったら文句ないんですけど。



年内で春、初夏に続いて帰国される方が多いこの季節。
また寂しいモードです。

厳しく叱って教えれば優しくほめて楽しく教えるべきだったかと悔い、楽しさ最優先でほめて教えればもっと厳しくした方が彼らのためだったかもとうなだれ、浮き草のように答えを求め続ける日々ですが、去り行く方々に「いつまでもそのままの先生でいてください」などという懐の深い言葉をいただいては心を救われています。

お別れの常套句やお世辞だったにしても、いつだって思い残した事でいっぱいな別れ際には、生徒さんや保護者さんたちのそんなあたたかい言葉に勇気付けられています。


あー、人の言葉と赤味噌が骨身にしみる初秋の夜。
また明日から模索しながら精進したいと思います。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
昨日、イギリスでも日本でも父の日だった日曜日、無事第4回の発表会が終わりました。
今年は5歳からミセスまで、29名が出演。
これを最後に帰国してしまう生徒ちゃんの演奏を聞きながら、じわっと目頭が熱くなったり、レッスンで弾けなくて半べそばかりかいていた子たちが勇敢に緊張に立ち向かって演奏する様子に感激したり、舞台上の彼らから、その知らなかった部分を発見させられたり、とにかく実り多い一日となりました。

ここまで支え、見守ってくださった保護者の皆様に、心から感謝申し上げます。


今年は保護者の方々に助けていただいておかげ様で開演前の準備もスムーズにすすみました。
友達も応援にかけつけてくれて、彼らには終演後のバタバタ時間にほとんどの片付けをしてもらって、時間がギリギリだったのですが、滞りなく会を終えることが出来ました。
その後みんなで行ったパブのビールがおいしかったこと。

そして、例の手前味噌ですが、我が夫の全般における裏方仕事のおかげでいろいろ頭の中がとっちらかっている私にも何とかやり終えることが可能となりました。
お手製ドレスは後日。

今年もアナウンスをしてくれた美人のyukoちゃんは、すっかり子供にもおなじみのお姉さんで、彼女は現在ピラティストとして多忙な日々を送っていますが、元はプロのバレエダンサーで、舞台の裏表をよく知っているため、こういう時心からたよりに出来ます。
実は私の大チョンボで、彼女へ渡したアナウンス用原稿と実際のプログラムに誤りがあり、出演者の皆さんにもyukoちゃんにもとんだ迷惑をかけてしまいました。

どうして何か一つ失敗をしないと物事を達成出来ないのか自分でもイヤんなります。
今年は念に念を押して準備したつもりが。


記念撮影はフォトグラファーのイネくん。
彼は今年で二度目。イネくんはファッションフォトグラファーなのですが、友達という特権だけを振りかざして今年もウチで撮ってもらいました。
イギリスにはピアノの発表会専門写真館がないので、イベント用フォトグラファーにお願いすると予算が全く足りません。彼が手伝ってくれて救われています。
日頃モデルさんを撮っているイネくんの手にかかれば、我々もきっとイケてる感じにフレームにおさまっていることと思います。

本当に二人には感謝しています。










このブログで「48時間耐久オランダへの旅」のしゃかりきドライバーでおなじみの友人も、忙しい中車でかけつけてくれて、荷物一切を運んでくれました。(ついでに大の男3人と私も乗せて。するとぎゅーぎゅー詰めの車内でお花からお水がもれて、友達の男の子のジーパンがぬれてしまい、おもらしのようになってしまいました。

そんなことをぐだぐだ言っておりますが、無事にみんなが成果を披露できて、心底ほっとしている月曜日です。

また詳細を報告させていただきます。



コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
16.Jun.2010
切ない日々
今週は2組の生徒さんと最後のレッスンをしました。
この時期は毎年3月に次いで別れの多い時期です。
駐在員さんたちの任務交代の時期なのでしょう。

発表会を週末に控えて、慌ただしい毎日の中、なんだか心がすすっと寂しくなる毎日です。
「もっとこんな風に、あんな風にレッスンしたらよかったかな。」
なんて後悔もひとしきりあり、過ぎ去った日々を思い出して感傷的にもなり。


今朝はSteinwayに行った後、発表会の記念品を買いにBond Streetへ行き、ラッピングを待つ間Royal Academy of Artsの中庭で半時間ほどそんな思いにかられつつぼーっとひなたぼっこをしました。



「新しい子が入ってくるから大丈夫でしょ?」
と別れを知っている他のちびっ子生徒たちがなぐさめてくれるので、しょげていないで元気出そうと思います。

別れあれば出会いあり。
ロンドンを通過していくピアノ学習者のために、これからも頑張ろうと思います。

紙袋を持って歩いていたら、Bond Streetのカルティエのドアマンに「僕へのプレゼント?」と聞かれました。
ちゃいます。

今日も絶好のレッスン日和!


コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
mobile
忍者ブログ [PR]