ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187
30.May.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本のお友達が送ってくれた豆まきセットで、今年の鬼を退治して、福をよびました。
きっと今頃リスか狐が食べています。猫かな。

「福は内」後の玄関↓
      


ロンドンにもあるにはある、自慢のお菓子at スーパー。

とろりと濃厚、シンプルで甘い。



オーブンでこんがりもよし、レンジでお手軽もよし。
数年前お友達にもらったのがきっかけで、うちでも贔屓に。
ちょっと手土産って時にもこのシリーズは便利です。


このガラスの器が、引き出しの中なんかで何かと重宝です。


チョコレートと全然脈略ありませんが、これを食べつつ本日書きました週刊classic vol.59は、リヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」。


こういう音楽が頭の中から生まれてくるって、一体どういう感覚なのでしょう。
不思議でなりません。
かっこよすぎます。


いろいろ聴きたいビギナーにはもってこいのCD.
classical ever!two millennium
オムニバス(クラシック) マリア・カラス プラシド・ドミンゴ バーミンガム市交響楽団 チョン・キョン=ファ ロンドン交響楽団 ユーディ・メニューイン
おすすめ度の平均: 4.5
5 お得な CD 第2弾
4 いいとこどりにも程がある
5 クラシック音楽をポピュラー音楽の気分で味わえる好作品!


シュトラウスの弟子、カール・ベームの演奏ですから、もちろん他とは一味違います。
ただし、二人は微妙な関係だったようですが。
師弟関係というのは、時に難しいですね。
R.シュトラウス:交響詩〈ツァラトゥストラはかく語りき〉
ベーム(カール) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 シュヴァルベ(ミシェル) R.シュトラウス
ユニバーサル ミュージック クラシック (2006/02/15)
売り上げランキング: 14989


↓一日一クリックで、ブログランキングの応援をよろしくお願いしますー
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりですー!
まいちゃーん!!
ちさですぅ、おひさしぶりです。
見つけてしまいました。
お琴のリサチャンのところからやってきました♪
ロンドンでの生活はいかがかしら?
イギリスはまだ足を踏み入れたことがないので、
一度いってみたいわぁ~。

もしよかったら、リンクお願いしてもいいかしらん?
これからもどうぞよろしく!!
ちさ URL 2008/02/05(Tue)22:50:23 編集
ちさ☆
久しぶりー☆
元気?ちさ色満開のブログ、さきほど拝見しました。
歌ってるねー♪
聴きたいわ~久々に。

日本は寒いというけど、喉をしっかり守って演奏会がんばってねー☆
またお邪魔していろいろのぞいちゃうわよ。
リンク、ぜひぜひ!

【2008/02/06 04:57】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]