ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182
24.Jul.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日、日本人の知人が荷物の配達のトラブルでとても憤慨していました。
怒りの矛先は、配送会社ParcelForce

怒りの実名表記です


実はここには我々も煮え湯を飲まされていました。
昨年10月~11月の間に、3度、日本からの荷物をちゃんとうちのドアまで配達しないでフラットの戸外に不在通知だけほっぽり出して帰るという悪行をしたドライバーがいました。
インターホンを押して2度もオートマチックドアを通って、2階まで運ぶのがめんどくさいのか、中で今か今かと荷物を待っている我々をあざ笑うかのようにニセの不在通知を落として帰っていくという悪質な怠慢!!

おかげで我々は、雨の中を郵便局まで荷物を引き取りに行き、かついで帰って来たりしたわけで。

怒った我々は、もちろんParcelForceに連絡したところ、カスタマーサービス得意の「まどろっこしさで相手をあきらめさせる術」で応戦してきました。

「大変でしたね、とりあえずここは総括ですので、あなたの住所を教えていただければ、担当部署にこのクレームを回します」
住所を送ると、
「そこの部署に回しておきましたので、連絡がいくと思います」
でも一向に来ないので再びクレームすると、
「もう一回確認してみます」
それでもこないので、またクレーム。
「電話番号を教えていただけますか?その部署にかけるように送りますので」
かかってこず。


あれから二月以上、いまだかかってこず…



あきらめてしまった、というか、ParcelForceの思う壺になっていることに今改めて気づいて今またむっとしています。



今日の知人のケースはもっとタチが悪く、ピンポンも押さずに(家に住人はいた)ドアの前に荷物を放置し、ドライバーが勝手に「tanaka」と知っている日本名でサインして帰ったという話!!
結局荷物は廊下で見つけた隣の人が預かっていてくれたらしく、事なきを得たものの、怒りは収まらず。
まだひどいことに、クレームに対して全く反省しないので、ドライバーのコンタクトナンバーを問いただしたところ、全部ウソの情報を伝えられた上、クレームの最中に電話を切られたとのことです。




憎たらしいParcelForce。
日本から荷物を送ると、自動的にこの会社が配送することになってしまうのがやるせないー。
中にはいいドライバーもいるのですが、こんな杜撰な管理体制の傲慢で高慢ちきな会社は、出来るだけ使いたくないものです。
しかし結論としては、やれるだけやったら、後はどうしようもない怒りは、「しょうがないなー」の精神で片付けて、楽しく生きるというのがイギリス流。?



キリキリ怒った後にはおいしいお茶でお肌ケア。
Dr.StuartのSkin Purify。
お肌の浄化はこれにおまかせです。



カモマイル入りなので、ブタクサアレルギーの妻は飲めない…。飲みたい。



コレクション用の靴。
同じサイズの同じ靴がただいま我が家に7足。
売り切れ続出のところを、夫が昨日まで苦労してUK全土より(?)集めました。



上の2箱は、今日グラスゴーから届きました。
もう一足、スコットランドから届く予定です。


よろしければ↓のバナーを一回クリックして、ブログランキングの応援をどうぞよろしくお願いします…!!
どちらのバナーでもOKです。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ




PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
 そうか、それはひどい会社だな。日本では考えられない対応だ。
 私もさっき、会社法人相手ではなく、個人相手にだが、ささいなことで実に腹が立つことがあった。ぷんすか。
はんにん 2008/01/24(Thu)00:22:53 編集
はんにん☆
うん、日本ではありえない!
ん?ささいなことで腹の立つこと?あるね、そういうの。
腹立つけど、どうしようもなければ、イギリス流にいきましょ♪
【2008/01/24 22:51】
おそろいだす!
そのお茶、私も即効買ってしまいました
イラストがかわいくって、しかもPURE SKINかよっ!
効いてるのかどうかはさっぱりわかりません 笑
アレルギーがあるのですか。。。。私はお薬にはありますが食べ物にないです。友達はデトックスティー飲んでたら治ったって言ってたのですが、外人が言うことは結構無謀なので・・・・


というか私もその配送会社にめっちゃ腹立ってます

これ読んでから

最低
手で届けられないからこそもっと色々な意味があるのに


Dior の香水探したのですが、同じミドリので丸い香水はありました
それはまた違うのですかね?

オランダはもっさい人ばっかりなので流行にもいっこも敏感じゃないです
最近ブーツインが流行ってるかなってくらいです
それでいてみんなデカイんです
かわいくないです
tacaco URL 2008/01/24(Thu)17:19:59 編集
tacaちゃん☆
わ!おそろい!
知らん間にお肌ぷりぷりよ、きっと♪
私のブタクサアレルギーは笑えるよ。
カモマイルティー飲むと、口の中でジャブジャブした感じになるの。
唯一のアレルギーです。

そうだ、オランダ人、でかいんだ。
そこにいると、tacaちゃん、普通なの?もしかして?
わたしはシークレットブーツインで、おしゃれにサバよむわ☆
【2008/01/24 22:55】
憎い!パーセルフォース
我家は子供たちの受験用願書を紛失されました。

ネットで追跡すると「配達済み」。
サインの欄は読み方不明な名前があり、「誰?」。(ドライバーがテキトーに入れたに違いない!)
クレーム入れると、「不在だったから10番に渡した」と。

仕方がないので、自力で追跡開始。
ハウス番号が74なので、10番台から。(イギリス人には日本人の7が1に見えるらしいという情報アリ)
しかし、我がJulian Avenueには10番台は存在せず。
それではと、Ealing地区のJulienne Avenue、Julian Roadに出向くも見つからず。

学校の「調査書依頼」の締め切り日が近付くにつれ「あきらめ」が入り、再度日本の実家に数校の願書を取りに行って、こちらに送ってもらう。クレームも再、再…度入れる。

日本から2度目の願書到着。

…その一週間後にパーセルフォースの若いお兄ちゃんドライバーが、「見つかった」と、荷物を持ってくる。
ドライバーの責任問題がからんでいるのか、携帯で受け取っているところの写真を撮って帰っていきました。

結局届いてしまったから費用の請求も出来ませんでした。

脱力。

日本の郵便局→パーセルフォース→宅配というライン、何とかならないのでしょうか!

でも、「ウチの荷物知りませんか」と訪ねた家の人たちは皆親身に対応してくれて、イギリス人て、個人個人はいい人みたいと思いました。
これは収穫。

すみません。怒りのために、長~いメールになってしまいました。
ちー母 2008/01/25(Fri)03:43:40 編集
ちー母さま。
許せん!ParcelForce!
そこまでいい加減だったとは!
紛失しただけでも最低なのに、その後がもっと感じ悪いですね。
それにしても2度目の受験票が無事届いてよかったですね☆
そんな遅れて送ってくるなら、金一封添えて持ってこいってね。
確かに、困っている人に対する普通のイギリス人たちは、本当に
親切で、これは見習いたいくらいですよね♪
日本の郵便局→ParcelForceのパイプをへし折ってやれないかな。
では、明日から頑張って☆☆Good Luck!!!!!!!!
【2008/01/25 20:34】
コレクション、頑張れー!
日本だったら、マスコミで取り上げられ、被害者の会が作られ、その会社の株価が下がり、社会的制裁を受けるであろうにね・・・ってかとっくにつぶれてるのでしょうね。
日本のサービス業って本当に素晴らしいよね~。
そういえば、私が大学時代にお歳暮の時期だけ、某黒猫の会社でバイトしてたら、「伊勢エビをクール宅急便で送ったら死んでた!どうしてくれるんだ!!」とクレームがあったのを思い出したわ。
皆様、伊勢海老はクール宅急便で送ると死にます。常温でお送り下さいまし。

それにしても↑に書いてる方の件、許せんねーー。
イギリス人の怠慢のせいで、日本の優秀な若者の未来が奪われたら、大変でしたよ、まったく!!
yuki 2008/01/25(Fri)09:27:25 編集
yukiたん☆
ほんとほんと、日本ならねー。苦情は殺到しているはずなのにね。
社長出て来いって感じ。
黒猫伊勢海老!ウケル。。。!
謎な人って多いね~。そのとんちんかんなクレームを黒猫さんが
どう処理したのかちょっと気になるわー☆
yukiちゃんが得意の機転をきかしたのかな、もしや?!キャキャ。

ほんとにね、↑の話はびっくりよね。
うちも友達からの結婚祝いが紛失したままでさー、なんの保障もなく、
どっかで見知らぬおっちゃんが、お祝いのエプロンをつけてたらいやすぎよね。
コレクションは、頑張っていまーす!ありがとう☆
【2008/01/25 20:41】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
mobile
忍者ブログ [PR]