ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [10
21.Jul.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イギリス-掃除機-とくれば、誰もが知っているDyson(ダイソン)が有名ですが、忘れてはならないのがHenry(ヘンリー)君です。英国Numatic社製の彼、日本でも多くの方に愛されているようで、かわいいヴィジュアルのみならず、ジャンボジェット機内の掃除に使用されるなど業務用としての性能の良さが定評らしいです。

このヘンリー、イギリスでは至る所で見かけます。特に業務用としては、小型の自営業の店から大型量販店やチャリティーショップまで、今までヘンリーがないお店は見たことがない、というくらいほとんどのお店で使われています。(なにやらあやしいかおりがぷんぷん。)
しかしこのヘンリー、夫にはただの掃除機にしか見えません。基本的にアナーキーな暮らしっくシンフォニーの一員である我々は、一般に「キャーー。かわいーー。」と持て囃されるものには簡単になびきません。

先日も朝から、働いている某大型ショップでヘンリー君を引きずりまわしていました。夫が働いているお店は総面積が数百坪あるにも関わらず、掃除機はヘンリー君と弟分のジェームス君のみ。しかもジェームス君は前日から故障中。そこでフロア全体を、もう古くなり、鼻はちぎれ、コードは巻けなくなり、吸引力も弱ってしまった兄のヘンリー君のみで気休めの掃除をしていました。
「何故こんな、ただの丸い掃除機が大型店に・・・?かわいいふりしちゃって・・・」とぶつぶつ言いながら、彼を階段の上に一人残し他の仕事に取り掛かろうとしたその瞬間。何やら足に引っかかるものが!と思った時は時既に遅し。一階の段上から地下一階との間にある踊り場めがけて「ガシャーン!!ドカーン!!ゴロゴロゴロ!」という激しい音と共に、あはれ彼は転倒、落下しました。

壊滅していたら、ひどく上役からお叱りを受けるだろうと、戦々恐々とした面持ちで彼に近づいていきました。
しかし、体のシェイプを生かした回転で、にっこり顔のヘンリー君は一見したところ無傷。さらにスイッチを入れるといつもどおりのウィーーンという音が。
ヘンリー君。いいですね。なにがいいって、あの笑顔が素晴らしい。一家に一台どうですか?ヘンリー君。(ちなみに日本でのお値段は倍以上の4万円ほどです。)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ちょっとおばかかも知れない質問
ヘンリーとDysonの関係は?
katy 2006/08/07(Mon)16:20:02 編集
もちろん、
関係ありません。
ヘンリーはただのかわいい掃除機。
でもDysonさんはRCA(王立芸術院)卒の凄腕デザイナーなんだって~。
【2006/08/07 18:05】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
mobile
忍者ブログ [PR]