ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57
22.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3年以上住んでいて、未だに慣れないのが、
「言わなきゃ損をする」や「強い者が有利になる」
など、腑に落ちないイギリスの習慣です。


今月でボーダフォンとの現在の契約が満了になるのを機に、他社に乗り換えようと考えていた妻は、3週間前にVodafoneに電話をしました。

Vodafoneのオペレーターの態度は横柄そのもので、
「契約を切りたいなら手紙を書いて、サインして本社に送れ。」
と、まるで命令口調。
他社に乗り換えても現在の携帯番号をキープできるように、PACコードを教えてもらう必要があったので、それも求めると、
「5 working days」

五営業日以内に送る、のぶっきらぼうな一言。

(注:PACコード(Porting Authorisation Code)は、電話番号を個別に識別するコードで、ネットワークを変更しても、これを移行すれば同じ番号をキープすることが可能になります。)

あまりの態度に、契約を継続させたいための嫌がらせかと疑い、念のためVodafoneのショップに行って直接聞いてみたところ、確かに契約を切るにはサイン入りレターを会社に送らなければだめだと言われたので、仕方なく実行しました。

しかし3週間待てど暮せど、5日以内に届くはずだったPACコードも、解約手続きについての連絡も一切来ません。
昨日とうとう痺れを切らして電話すると、また新たなる無礼なオペレーターが「手紙なんて来てないしー」とのたまう。
仕舞いにカチンときた妻が怒りを露にするや否や、
「3日以内にPACコード送ります。解約手続きもすぐにしておきます。」といきなり従順モードに。
サイン入りレターは果たして不可欠ではなかったのでしょうか?



結局、今朝Vodafoneより電話で、「あなたはgood customerですから、契約を更新してくれたら、特別サービスで一番安い料金プランの更に半額の料金でOKです!新しい携帯もプレゼント!おまけに、今夜からその安いプランに切り替えます!」とゴマすりすりな熱い説得を受けました。
そして、おいしい条件についつい承諾してしまいました。

明日の午前中に、新しい携帯が届くそうです。

こんなに気持ちよく迅速に、かつサービス満点の対応が可能なら、どうして最初から黙ってやってくれないのか、心底不思議でなりません。
そもそも、今まで2年以上も高い月額料金を支払っていたのは何だったのか・・・こんなことなら一回目の契約更新時に、駄々のひとつも捏ねておくべきだったのでしょうか。
足元見て態度を切り替えるやり方には、どうも馴染めそうにもありません。
真面目で大人しいカスタマーにこそ、良質のサービスが提供されるべきだと思います。


とは言うものの、今回は結果オーライで、携帯の件はハッピーエンドなんですけども。





もくもくと作業に勤しむ夫。






ブログランキングに参加しています。
よろしければ、1クリックして応援して下さい。
人気ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なぞがなぞを・・・
いつもこういう話を聞いて思うのは、個VS個の話ではないのに、会社内の規定とかマニュアルだとかはどうなっているの??と。
日本だったら、「こうこうこういった基準を満たしたgood customerには、定額の半額プランを適応!」という社内規定があるでしょ!?
レターを受理した部署、コードを送る部署、みんながみんな忘れてるの??
勤勉(小心者?)な一社員のワタクシには、理解不能です。
なんど考えても、日本人には、未知なる世界のお話だわ。


yuki 2007/02/15(Thu)21:31:45 編集
なぞなぞ
本当に。
一事が万事こんな調子で一体どうやってお国が成り立っているのか、そのカラクリが不思議なのよね・・・。
このナゾを解明するまでは、英国に居座りまする!

勤勉で小心者な社員万歳!

【2007/02/16 08:47】
ボーダフォン
イギリスはボーダフォン残ってるんですね!
日本はSoftBankになってしまいました。
ナンバーポータビリティー?が始まるやいなや
大混乱。
社員も混乱でかわいそうでした...
Mai 2007/02/16(Fri)11:42:07 編集
Vodafoneは
イギリスでは昔のドコモみたいな存在かな。
今は他社が電波も向上させて、価格を下げてVodafoneをおびやかしています。

日本も番号移行が可能になったんですね。
カスタマーサービス王国ニッポンでは、さぞや社員さんが大変な思いを
したことでしょう・・・
イギリス人を助っ人で3名ほど差し向けたい感じ。余計混乱か・・・?
【2007/02/16 18:34】
私も激怒しました!
はじめまして。
Vodafoneをつかっていたのですが、カーボンウェアハウス限定販売の新機種にアップグレード(Vodafone契約のまま)したかったので、PACコードを得るためカスタマーセンターに電話しました。
しかし「だったらVodafoneショップか4Uにいって聞け」というので、4Uに行くとそれは個人情報だからVodafoneに電話しろと。
それで激怒の電話をし、解約してVirginと新契約してその新機種を購入することに(はじめから素直に教えていれば乗り換えなかったのに!)。
そのあとの経緯は奥様とと全く一緒です。ただ、Vodafoneには以前もカスタマーセンターで嫌な思いをしたので今回で見切りをつけ、お得契約の誘いを振り切って、Virginに乗り換えましたが。
嫌がらせをするような教育、マニュアルがあるとしか思えない顧客サービス!(怒)
イギリスではVodafoneのサービスの悪さは有名だそうです。
Virginはなかなか丁寧でサービスも迅速で快適です。

初コメントで長々と失礼しました。私と同じ体験なさっている方がやっぱりいるんだなぁと思わず。
hammo URL 2007/02/16(Fri)18:43:22 編集
あなた様のお怒りが、
手に取るように分かってしまう私たち・・・。
見切りをつけられたというのは、とても賢明でいらっしゃいますね。
何だかまた新しい会社と契約するにしてもトラブルが起きそうな気もするし、
ルードなVodafoneのためにその時間を費やすのも腹立たしいし~などと
思って怠け者な私は結局曖昧な態度をとるからいけません。
それにしても、いつかVodafoneの社長に直訴したいくらいですね。
その時は、是非一緒に!!

【2007/02/16 21:07】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]