ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [31]  [32]  [33]  [30]  [29
26.Jun.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨晩、クリスマスショッピングで定員オーバーのロンドン市内で人の渦に巻き込まれつつ、バービカンホールロンドンシンフォニーを聴きに行きました。
曲目は以前記した通り、
グリーグ   ピアノコンチェルト
ホルスト   組曲「惑星」

日本だとプログラムの頭にたいてい序曲とかオーケストラの小品がつくのですが、イギリスではこのパターンが多いです。

キャパ1949席のバービカンホールはほぼ満席でした。


ピアニストは、ドイツ人のLars Vogt。1970年生まれ。
はじめて聴いたのですが、これがよかった。
新鮮に奏でられた彼のコンチェルトは、作曲者グリーグやその故郷ノルウェーのイメージを彷彿させるというよりも、または、後期ロマン派から近代への過渡期であった当時の新世紀感を偲ばせるというよりも、もっと我々の現代の生活に密着したところで、美しく、清清しく響きました。
これが21世紀のグリーグなんだなあとしみじみ思いました。

あれは若さなんでしょうか。
ぐいぐいオケをひっぱる、聴衆を引き込む。
美しく、幅広く、力強く伸縮する音の波に、すっかりリフレッシュされました。

実際彼のレパートリーは古典、ロマンが多いようですので、
まさにモダンなクラシックピアニストですね。


惑星の方は、ちょっとポップな演奏だったような感想を持ちましたが、
とにかく、100人を超える黒服の奏者たちが一斉に奏でる音楽は、ビジュアル的にも豪華。
ティンパニーが2セットでドンドン盛り上げる様は、とにかく花火のような贅沢なかっこよさです。

是非見て楽しんでいただきたい曲ですね、惑星は。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
3Dアート!!一瞬わかんなかった!
何がどうなってるのか。。
ロンドン行きたい。。
ERINEM 2006/11/14(Tue)20:47:20 編集
確かに、
一瞬ワケわかんないよね。
この人の作品は、実際に路上で見るより、写真で見たほうがいいですね。
いろいろ思いついてやってる人がいるよねえ、世の中。楽しいね。
【2006/11/14 22:15】
無題
昨年ミレニアムブリッジを渡る手前で件のアーチストに遭遇!スパイダーマンを書きかけで一服しておりましたぞ!筆が進まなかったのか、テートモダンを見学して帰ってきてもまだ、仕上がってなかった。一見のんびりしていて、これぞ芸術家?? 
katy 2006/11/14(Tue)22:06:55 編集
アーティストは、
アートの神がおりてきた瞬間に、ババババっと憑かれたように筆を走らせるんじゃない?
我々も何か消えかかったよく分からないのなど見かけたことはあるけど、やっぱり写真が一番ね。
スパイダーマンのHPで見る限り腕がとても細いね。
【2006/11/14 22:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]