ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[37]  [36]  [35]  [34]  [31]  [32]  [33]  [30]  [29]  [27]  [26
20.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今年の夏の終わりごろ、イギリスの南西端のCornwall地方にホリデーに行った時に、芸術家の街として名高いSt.Ivesの小さな工房で、お茶碗を購入しました。
以来、先輩夫妻に結婚祝いにいただいた夫婦箸とともに、我が家のごはんの時間の大事な常連さんです。

サーファーの街としても知られるSt.Ivesは、まだホリデーシーズンぎりぎりだったこともあり、街の中心スポットは人の山&山。

件の工房は、その人だかりから一瞬路地に入った坂道にこそっとたたずんでいました。
間口こそ"こじんまり"という感じでしたが、中はなかなか充実していて、濱田庄司、バーナード・リーチ、河井寛次郎などの作品も置いてあり、喜ぶ夫はついつい長居。
もちろん、そうかといってそういうご立派な芸術品には手が出ませんので、バーナード・リーチの薫陶を受け、St.Ivesで窯を持って焼き続けているイギリス人陶芸家の作品(お安い)を記念に購入しました。
大きさと色合いが好みです。手触りもよし。

参考までに日本民藝館
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お気に入りの器だと、食事もおいしさ倍増ですね!しぶ~い!素敵!
大きめのお茶碗て何か好きです。
ERINEM 2006/11/11(Sat)23:14:32 編集
ERINEMちゃん。
確かに、最近ごはんのおかわりが増えた気がする。
大きめっていいよね。
茶碗大きけりゃ胃も大きい。
日本だと手軽にマイ茶碗を作らせてくれる工房がいっぱいあるよね?
エリネム茶碗作ってみては??
【2006/11/12 19:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]