ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67
21.Sep.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

15.Mar.2007
Ashes and Snow
Ashes and Snow
写真作品、映画、美術、小説、建築が一体となったプロジェクト---



今お台場で話題を呼んでいるノマディック美術館、早くイギリスに来て欲しいと切に願います。


この世で起こっている神秘的なものの存在を、全く想像出来ないで生きている都会の生活に、どっぷりなじみきった脳味噌が、まるでその視覚メッセージを受信するのを一瞬躊躇してしまうような、未知の自然。


Gregory Colbert(グレゴリー・コルベール)がその瞬間をひたすら15年間も追い続けて集めた地球のどこかの一片。
我々はそれを「コンピューターで生成されたものではない」という但し書きなしには、にわかに受け入れられないという、温度差に、愕然としました。



ビデオ作品のひとつがこちらのYoutubeで見られます。

英語がOKな方はこちらのアーティスト自身によるプレゼンテーションがオススメ。




ブログランキングに参加しています。
1クリックでご協力お願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
セピア色、スローモーション、対象物 が
その動画を絵画のように見せる


地球のどこかの一片なんだろうけど
見てると
この世界だけの世界(四次元的な)があるように思えてきます。うまく説明できない。
吸い込まれそうになった(*_*)
jessie 2007/03/16(Fri)11:33:06 編集
アーティストは
すごいなぁって、平々凡々に感心しちゃうよね。
私達がこっちにいる間に、イギリスに来てくれたらいいのにね。
【2007/03/18 10:58】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]