ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
30.Apr.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.Mar.2011
ガリアーノの件
今、巷はJohn Gallianoの話題で持ち切りです。
ガリアーノがユダヤ人に対して差別的発言をしたという事で、今月1日付けでディオールから解雇された事件です。

ディオール=ガリアーノというくらい切っても切り離せないイメージだっただけにショッキングな出来事です。

"相手が先に手を出した"とか”喧嘩相手がたまたまユダヤ人であったために、ユダヤ人全体に体して暴言をはいたとされてしまった" 、更には全てが仕組まれていたという陰謀説も飛び出していろいろな憶測が飛び交ってますが、真相は薮の中です。

あれほど揺るぎなかったものが一夜にして終焉を迎え、最先端が一瞬にして過去となってしまうんだと思うと何だか悲しいですね。表層的でおバカなワールドですが、それを分かっていても抜けられないこの世界。


先週「McQueen and I 」というchannel4の番組を観ました。
昨年他界した天才デザイナー、アレクサンダー・マックイーンのドキュメンンタリーです。

イギリスにお住まいの方のみですが、こちらからご覧になれます。

彼の兄弟や友人が彼との思い出を語ったり、彼の育った家を訪れたり、マックイーン本人やイザベラ ブロウのインタビュー等があったり、彼の最初のコレクションから順を追ってみる事ができます。
特に彼の卒業コレクションは圧巻です。

彼が自殺する9日前に彼の母が死去していたこともあり、実はお母さんがデザインしていたなんて笑えない冗談を言ってた人がいましが、一般人の想像を絶する苦悩の人生だったんだと思います。

今回のガリアーノ事件は、去年のマックイーンの死を思い起こさせる程ショックでした。昨年の丁度同じ時期の寒い日でした。僕は大学院でファッションウィークに向けてコレクションの完成に向けて必死のパッチで作業していた時で、その日もランチを買ってセントマーチンズに戻ったところで、何人かがマックイーンが自殺した、と話しているところへ遭遇し、本当にびっくりしました。


その時まさに彼が学んだコースで同じ教授の元で同じスタジオでせっせと作業に励んでいた僕ら全員がショックを受けたのはいうまでもなく、あの日は学校全体が心なしかひっそりしていました。

すぐに教授に電話インンタビューがかかって来て、たまたまその時教授にホッチキスの止め方が悪いと叱られてやり直しをさせられていた僕は、横で自分のデザインをポチポチと止め直しながら、しんみり教授の話を聞いていました。

Alexander McQueen 'an unimaginable loss'

自分の憧れていた世界のゴールが自殺だと分かって、落ち込みました。


ガリアーノはもちろん生きているけど、ガリアーノディオールのあっけない幕切れには、ファッションの世界のpopな酷薄さを思います。


とかなんとか思いながら、非情のご多分に漏れず、僕自身不謹慎にも新しいディオールが楽しみでもあります。
誰が引き継ぐのかな〜?


Vogue Paris september 2006, Craig McDean
John Galliano




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
04.Mar.2011
告白



上の写真は先日の写真撮影からの一枚です。残念ながらこの撮影ではルックブックに使えるものが撮れなかったので、ただいま撮影第二弾の準備中です。

今季(2011年秋冬)はロンドンファッションウィーク期間中にフリーメーソンズホールにてエキシビションをしました。


こちらがその建物。イギリス発足のフリーメイソンの本部です。
ミィーティングや打ち合わせの際に館内の見学もして、祭壇なども覗き見しました。


というわけで、コレクション作成の怒濤の日々も終わりました。
貴重な時間と労力をかけてサポートしてくれた全ての人に、感謝!!!
ストレスフルな生活中に出来た両手合わせて176個の原因不明の斑点(じんましん?)も無事消え失せ一安心です。
先週はルックブック作成の準備をしつつ、デスクワークやスタジオとして使った部屋中の整理等を中心に事後処理に励み、週末にはゆっくりテレビを見たり映画を見たりしました。

日曜日は久しぶりに二人でゆっくり過ごせる日が到来したということで、ICAに「告白」を観に行きました。
日本で相当話題なようですね。

映像がキレイでpopでいい映画だなと思いました。
エキゾチックな意味で本当に日本っぽくて、外国でも評価が高いだろうと感じました。特に最初の1時間くらいが面白くて、残りはさっと終わりますがクライマックスなんてなくてもいいやと思わせてくれます。





明日はテレビ番組をリンクします。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
スーパーご無沙汰です。
いよいよ初コレクションまで後4日となりました。

昨日はフォトシュートを行いました。
このシュート用にモデルを探すのが一苦労でした。何しろニューヨークコレクション中の今、ロンドンのモデルもほとんど出払っているので、そうでなくても予算の少ない小さなレーベルにいいモデルが回って来ることはなく、難航に難航を極めました。


さて、昨日は朝からフォトグラファーとモデル、ヘルプの人二人も来てくれて、協力してくれたヘアとメイクの子たち、アシスタントのリリイ、遊びに来てくれて手伝ってくれたKちゃんなど、総勢10名が狭い我がフラットにすし詰めになりながらヘアメイクや段取りをしました。
サンドイッチや細巻きなどをつまみながら談笑も交えて。

さて、いざ撮影に出かけたら嫌〜な予感的中の雨。
更に強風というオマケつきです。
寒いのなんの。


ロケーションは近所の倉庫街です。
寒すぎる。



しばし休憩。
寒くて毛布にくるまりながら。



などと書いているわたくしめは、みんなを撮影に送り出してから私用で街へ出たので、レールを風から守り、服を雨から守り、必死のパッチで撮影に挑んだ9人の報告を夜聞いてしたり顔で今書いております。


後四日、頑張ります。



コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
10年以上一辺倒に使い続けてきたディオールのタンドゥールポワゾンが製造中止になってからはじまった香り探し。
なかなかこれというものが見つからなくてつくづく罪深いディオールを恨みながら早1年。
最近やっと落ち着いたのが、こちらの香りです。

CHANCE EAU FRAICHE by CHANEL
チャンス オーフレッシュ


これの姉妹商品がファッション界の重鎮大内順子氏ご推奨のCHANCE EAU TENDRE。
オススメに若干さからって姉妹品を選んだのは、単にオーフレッシュの試供品をたくさんもらって、ずっとつけている内に愛着が湧いたからであります。

タンドゥールポワゾンの消滅に心痛めている世界の同士のみなさん、是非お試しください。全く違う香りですけど、お気に召すやもしれません。パッケージはお世辞にも良いと言えませんが。


ところで私がchanelの化粧品を使う理由は、ポイントをせっせとためているBoots(大手薬局チェーン)でchanelを扱っているからです。
デパートやショップでしか入手出来ないブランドは元より却下です。
この香水も、100mlボトルを買ったら2ポンドちょっと分のポイントがもらえました。
友達はみな部位によってこだわりの化粧品を選びぬいている中、Boots至上主義の私は、おはようからおやすみまで、歯ブラシからドライヤーまで、今日もBootsポイントをためては悦に入っているのでした。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
今日は朝から続けてレッスンで、途中2時から5時までモデルのフィッティングをして、土曜日だというのに休憩なしの一日仕事でした。

この時期はロンドンファッションウィークに向けてみんな大詰めで、ロンドン中のモデルが引っ張りだこなため、自分の希望の日程にモデルを捕まえることが難しいのですが、何とか今回はうまく見つかりました。
太い子でもしょうがないかなと覚悟していたら、身長180以上で意外にスリムで大当たりでした。
パターンカッターのYさんにも来てもらって、無事にフィッティング終了。

ちなみにフィッティングとは、制作過程でトワール(試作)を実際にモデルに着せて微調整を行うことです。


一着ずつ、フロント、サイド、バックと写真を撮るのは私の仕事。
トワールなので、いろいろペンで書き込んでいきます。


修正箇所に加え、イメージなどを書いたり。



ところでYさんのように、通常作業中は腕にバンドでつける針山を使用するのですが、


それを使いたがらない夫はいつもこうやって服の袖口やらどこでもかしこでも針を刺すので、先端恐怖症の私は常にゾクゾクビクビクしています。
この気持ち、先端恐怖症仲間ならきっと分かってくれるハズ。





コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
先週金曜日からロンドンファッションウィークがはじまっています。

昨日は二人でショーと展示会を回りました。


まずは友人デザイナーBryceのショー。
メインボディと同時進行で行われている「OnOff」にて。
毎回コンセプトが変わるのに、彼らしさはいつも健在。




同じくOnOffでエキシビションを展開中のクラスメイト、Shao Yenのコレクション。
ショーンらしいロンドンテイストなコレクション。
写真では分かりにくいけど、かなり凝っていて、誰も使ったことのないようなマテリアル満載です。
彼の前回の秋冬コレクションはメディアに大受けだったので、今回も話題になることでしょう。




その後、妻の足がヒールにやられてすったもんだしたものの、バスでメイン会場のSomerset Houseへ移動。
クラスメイトJ. JS Leeのストールへ。
今回のコレクションもいい出来映えです。
2日目ですでに某大手セレクトショップのバイヤーから数点発注が入ったそうです。



ストールへやってきた裸ん坊のパグも服に興味アリ。


あ〜犬飼いたい。



コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
04.Sep.2010
マルジェラ
9月5日までロンドンのSomerset Houseで開催されているMaison Martin Margiela '20'展に行ってきました。
ずっと行きたかったのになかなか都合がつかず焦りましたが、終了間際にギリギリセーフで行くことができました。

マルタンマルジェラとは90年代を、いや、20世紀を代表する最も偉大なデザイナーの一人です。また、97年〜2003年までデザイナーをつとめたエルメスでのデザインは今や「伝説」です。

近年業界を退いて、悠々自適生活を送っているとの噂。
彼の数々の実験的でエネルギッシュで人間っぽい作品は、多くのデザイナーや学生達の憧れで、全ての若手デザイナーが何かしら彼の影響を受けているといっても過言ではないと思います。
むしろどんなにオリジナリティを求めても彼の影を自分の作品から消すことが難しいくらい。








僕が最初にマルジェラのコレクションを見たのは、中学生の時に夜遅くに放送されていた大内順子さんのファッション通信をVHSに録画して見ていた時です。
エルメスのデザイナーに就任する直前の彼が、オーバーサイズのコレクションを発表していた頃です。
当時ボンヤリ小僧の僕ですら、その偉大さの100分の1くらいは理解出来ました。


ファッションの体制のど真ん中で伝統に付き従いながらファッションを否定する作品をつくるという、なんというか「毎日きちんと登校するド不良」みたいな、とにかく偉大な人です。


アントワープ王立芸術院に学び、先日エルメスのデザイナーから退いたパリの御大ジャンポールゴルチェのアシスタントを経て1989年にデビューしましたから、もうキャリア21年です。
90年代がもう二昔前になる今年、歴史上の大御所として今のデザイナー達に参照/研究される域に到達したマルジェラ。
最近多くのブランド、デザイナーの新作の源泉となっています。

この日一緒に行った某有名フランスメゾンでデザイナーをしている友人も、展示された服を指して、今まさにこの服を作っているところだと言っていました。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
mobile
忍者ブログ [PR]