ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[675]  [674]  [673]  [672]  [671]  [669]  [668]  [665]  [664]  [663]  [662
17.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.Mar.2011
ガリアーノの件
今、巷はJohn Gallianoの話題で持ち切りです。
ガリアーノがユダヤ人に対して差別的発言をしたという事で、今月1日付けでディオールから解雇された事件です。

ディオール=ガリアーノというくらい切っても切り離せないイメージだっただけにショッキングな出来事です。

"相手が先に手を出した"とか”喧嘩相手がたまたまユダヤ人であったために、ユダヤ人全体に体して暴言をはいたとされてしまった" 、更には全てが仕組まれていたという陰謀説も飛び出していろいろな憶測が飛び交ってますが、真相は薮の中です。

あれほど揺るぎなかったものが一夜にして終焉を迎え、最先端が一瞬にして過去となってしまうんだと思うと何だか悲しいですね。表層的でおバカなワールドですが、それを分かっていても抜けられないこの世界。


先週「McQueen and I 」というchannel4の番組を観ました。
昨年他界した天才デザイナー、アレクサンダー・マックイーンのドキュメンンタリーです。

イギリスにお住まいの方のみですが、こちらからご覧になれます。

彼の兄弟や友人が彼との思い出を語ったり、彼の育った家を訪れたり、マックイーン本人やイザベラ ブロウのインタビュー等があったり、彼の最初のコレクションから順を追ってみる事ができます。
特に彼の卒業コレクションは圧巻です。

彼が自殺する9日前に彼の母が死去していたこともあり、実はお母さんがデザインしていたなんて笑えない冗談を言ってた人がいましが、一般人の想像を絶する苦悩の人生だったんだと思います。

今回のガリアーノ事件は、去年のマックイーンの死を思い起こさせる程ショックでした。昨年の丁度同じ時期の寒い日でした。僕は大学院でファッションウィークに向けてコレクションの完成に向けて必死のパッチで作業していた時で、その日もランチを買ってセントマーチンズに戻ったところで、何人かがマックイーンが自殺した、と話しているところへ遭遇し、本当にびっくりしました。


その時まさに彼が学んだコースで同じ教授の元で同じスタジオでせっせと作業に励んでいた僕ら全員がショックを受けたのはいうまでもなく、あの日は学校全体が心なしかひっそりしていました。

すぐに教授に電話インンタビューがかかって来て、たまたまその時教授にホッチキスの止め方が悪いと叱られてやり直しをさせられていた僕は、横で自分のデザインをポチポチと止め直しながら、しんみり教授の話を聞いていました。

Alexander McQueen 'an unimaginable loss'

自分の憧れていた世界のゴールが自殺だと分かって、落ち込みました。


ガリアーノはもちろん生きているけど、ガリアーノディオールのあっけない幕切れには、ファッションの世界のpopな酷薄さを思います。


とかなんとか思いながら、非情のご多分に漏れず、僕自身不謹慎にも新しいディオールが楽しみでもあります。
誰が引き継ぐのかな〜?


Vogue Paris september 2006, Craig McDean
John Galliano




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
はじめまして。
以前から楽しく読ませてもらってたのですが、はじめてコメントさせていただきます♪
僕もGallianoの件を聞いた時、McQueenが頭をよぎりました。ロンドンのデザイナーが大好きで、特にこの二人は僕のファッションの価値観を変えてくれた人物なので残念です。とは言いつつ僕も、今後のディオールがどうなるか気になりまくってます(笑
これだけのビックメゾンなので、お偉いさん方が色々考え、様々な憶測も広がるかもしれませんね。いずれにしても、ディオール、ガリアーノともに今後が楽しみです♪
SHUN 2011/03/07(Mon)00:47:16 編集
SHUNさま。
ようこそ!
いつも読んで下さっているとのことで、とても嬉しいです!ありがとうございます。
本当に、むなしいような、同時に次が楽しみなような、複雑な気持ちですね。。。
後継リカルド・ティッシという噂がありますが、なんかちょっと違うような気がしますね。。(この人もロンドンデザイナーですね!)
また是非遊びに来てくださいね!
【2011/03/07 10:13】
改めて
前々から、凄いって思っていたよ。
でも、会っちゃうとなんか昔のままだから
あまり実感が湧かないままでいて、
でも改めて思ったけど、
すごいところで一線をはっているんだね。
その空気感、ものすごく羨ましいです。
ボクがリビアのほとんどない空気を
今、あまり薄く感じているのとは大違い。

さぁて、頑張りますか。
久しぶりに会いたいねー。
スギモッコ1GO! 2011/03/07(Mon)10:51:31 編集
スギモッコ1GO!
ありがとう!
全然凄くないよ。
でもそうやって褒めてくれて、何だかあくせくやっていることを肯定してもらえたようで、すごく嬉しいです!ありがとう。
スギモッコsこそ僕の想像を越えた世界で日々進化してて尊敬します。
会っていろいろ話を聞きたいなー。
【2011/03/11 10:37】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]