ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
20.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「英国料理はまずい」
とは耳にタコであり、確かに、実際世に誇れる英国料理といえば、唯一「Fish & Chips」と言われているのが現状であります。
それは一体「料理」なのか?!
という問題が物議を醸したりもしているわけです。


確かに英国料理でおなじみ、ソーセージはパリッとしてジュワッとしたドイツソーセージを良しとする日本人の味覚の前では、「やわらかくてくさい」としか評価されないかもしれません。

代表的なものに、サンデーローストと呼ばれる、イギリス人の家庭ではたいてい日曜日の午後に食べられる伝統的な料理があります。
これは、ポークかラムかビーフか、またはチキン、鴨などなんでもいいので焼いたものに、茹でたニンジン、芽キャベツなどがどっさり寄り添い、どろりとしたグレービーソースをかけて食べる、という何の料理テクニックも必要としないようなシンプルな料理です。
我々もイギリス1年目のホームステイ生活では、きっちり毎週日曜日にこれを食べていました。
このグレービーソース、意外にはまるのです。


そのサンデーローストにたいていくっついてくるのが、ローストポテトというじゃがいもの料理。
何を隠そう、私たち夫婦の大好物なのです。

簡単で、ただオーブンで焼いただけのお芋さんですが、あなどれない味です。



生徒さんがこだわりのおいしいじゃがいもを差し入れして下さったので、今夜もローストポテトです。


1 皮をむく。



2 ゴルフボールくらいの大きさに切る。



3 ほくほくと角がくずれるまでゆでる。



4 オーブントレイにオリーブオイルをたっぷりしき、芋を均等に並べ、再び上からオイルをかける。目安は表面がつやつやする程度。



5 オーブンで表面がかりっと焼けるまで焼く。焦げ目がついたら途中でひっくり返す。トータルで20~30分。



6 出来上がり。



塩をふって食べます。
外はカリカリ、中身はほくほく。
塩とオリーブオイルが、じゃがいもの甘味をうまくひきたてています。

「煮る」でもなく「焼く」でもなく「揚げる」でもない、「ロースト」がなかなか乙です。(まあ、直訳すれば「焼く」ですけども)
ただし、食べ過ぎると胸焼けします。







ブログランキングに参加しています。
1クリックでご協力お願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
単純かつ素朴な料理だけれど、余りにも美味しそうに見える写真にすっかり騙された夫は“食べたくなったなぁ~~”と、一言。よけいな仕事が一つ増えました。でもまぁ、作ってみますか・・・(^_^;) 
katy 2007/04/05(Thu)08:47:30 編集
けけけけ。
騙されると思ったー!
でも、これはイギリスで食べるからおいしいのかもしれない・・・!飽食の日本ではただのoily foodに過ぎない恐れあり。
でもイギリスの空気を知るお二人さんならenjoy出来ると思われます。
【2007/04/05 09:55】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]