ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77
26.Jun.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本のように「生地のデパアト○○」といふようなお店のないロンドンの人々は、どこで布を買えばよいのかお悩みの様子。
そういう日本人の方々に、服地はどこで購入するのかとよく聞かれますので、夫行き付けのお店とストリートをいくつか紹介したいと思います。



まずはロンドン西部のShepards bushにある Gold hawk Road


A one fabric
50-52 Goldhawk Road, London, W12 8DH
よく利用するお店。通りのなかでは一番大きいお店だと思う。

Classic textiles
44Goldhawk Road,W12 8DH Tel:02087433516
二階にあるウールの品揃えが豊富。

などなど
この通りには布屋さんがたくさん並んでいて値段もお手頃。交渉次第ではたくさんサンプルももらえるし、値段も下がります。




sohoに位置する Berwick street


Cloth house
バーヴィックストリートに二店舗あってoxford streetよりのお店は、コットンなどベーシックな布を。もう一方のお店ではシルクやジャージー素材、その他珍しい布を扱っています。サンプルは一日三枚までもらえます。
写真はベーシックな方の店舗。


などなど
こちらも布地通りとして有名なところ。シェパーズブッシュに比べるとクオリティーがちょっと高く、値段も二、三倍します。人によってどちらがリーズナブルか違いがあると思いますが個人的にはこちらの通りで購入した布を使う事が多いです。高級な布地がたくさんあります。




アクセサリー、トリミング類


John Lewisの四階
オックスフォードストリート沿いにある大手デパート。布地も豊富。サンプルは無し。ただし10cm から購入可。

macculloch&wallis 
ジョンルイスの向かい、NEXTの隣の細い路地を入って左側にあります。布地も豊富。サンプルは5枚までもらえます。

KLEINS
先述したBerwick Streetに対して直角に位置するNoel streetにある。

Morplan
oxford Circus駅近く、Great Titchfield Streetにある小売店用のサプライヤーで、裁縫道具類や備品などを取り扱っているお店です。


ロンドン西部に住んでいるのでこれらのお店が普段よく利用するお店です。無い物はインターネットを使ったり業者にお願いすることもありますが、大抵欲しい物はそろいます。
ただ日本に比べると値段が高いのがネックです。

どなたか他にいいお店やお勧めのオンラインショップ、日本のオンラインショップなどがあれば是非教えてください。







ブログランキングに参加しています。
1クリックでご協力お願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]