ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
20.Nov.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シェークスピアの戯曲です。
ファルスタッフという男が財産目当てに、ウィンザーの人妻二人をだまそうとして、反対にとっちめられるというドタバタ喜劇です。
陽気な女房たちは、洗濯籠に隠れたファルスタッフを、テムズ川に汚れた服ごと投げ込むのですから、お仕置きも半端じゃないですね。



そのウィンザーといえば、現在も女王が週末を過ごす第二の居城Windsor(ウィンザー)城。


ロンドン西部の我が家から、電車で優に一時間以内で行けました。
バッキンガム宮殿とはまた違った趣を持ち、さすが、
「世界最古にして最大の居城」
と言われるだけあり、900年以上の歴史とともに現在進行形の生活が同居する不思議なお城。

ロンドン郊外の人気観光スポットであると同時に、現在女王をはじめ、150人の王室関係者が住む居城であり、公賓を歓迎するセレモニーを執り行ったり、王室のイベントを催したりする場でもある・・・イギリスにとって大切なお城であるわけです。




衛兵さんが時折行進しながら登場します。
ふさふさ帽子に赤いユニフォームが、いかにもシンボリック。



お城のそばの小道。
白とピンクと緑の一人グラデーションのお花が何ともかわいい春を演出していました。









ブログランキングに参加しています。
1クリックでご協力お願いします。
人気ブログランキング  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして。
いつも新鮮な話題で、楽しく拝見しています。
写真もとてもきれいですね!

ロンドンに住んでいる人にとってはとても身近な内容で、londonjapan.jpを日頃利用している人にも楽しく読まれると思うのです。なので、たくさんの人に見てもらえるように、ブログの登録をしませんか?
http://londonjapan.jp/blogForm.jsf
登録は無料で、上記からとても簡単に出来ます。

よろしくお願いします。

londonjapan URL 2007/04/13(Fri)23:36:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]