ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348
26.May.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不景気モードは、笑いで緩和させるしかありません。
今年も笑いの祭典、M1グランプリの時期がやってきました。
我々、筋金入りのお笑い好きです。
漫才は文化です。
イギリスにはありません。
イギリスのお笑い芸人といえば、Stand-upとよばれる、ピン芸人がマイク片手に舞台でトークを繰り広げる、要するに漫談が主流です。
綾小路きみまろならイギリスでウケるかもしれません。

イギリスで大人気のLee Evansの芸をご堪能あれ↓
基本的なノリはスーパー早口のドリフです。





ちなみにイギリスのコメディアンでいまやセレブとなったMatt Lucas。
日本食ショップで買い物していて彼に遭遇し、ぷよんぷよんの体でハグしてもらったのは3年前。



彼のお得意キャラVickyは、田舎(Southamptonなど)には本当にたくさんいて、これぞリアリティあふれる「あるある」です。
スーパーでこういう小娘どもにチップスを投げられたことあり。

ロイヤルなイギリス、お笑い事情はこんな感じです。(これはちょっと古いけど)
オーマイグッドネス。


日本人として、世界に誇るお笑い芸「漫才」。
舞台上で鍛錬されたテクニックとセンスをフルに披露する芸当は、ピアニストもスポーツ選手も同じ。
今年のM1、我々がもちろん応援しているのは「笑い飯」と「ダイアン」です。
圧倒的にこの2組がおもしろいと思いますが、常に優勝できないところが彼らのいいところなわけで。複雑。



順位はミドルクラスをふらふらしています。
ロンドン暮らしっくに1票を!
⇒海外・イギリス系ブログ
⇒二人暮らしブログ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]