ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[634]  [633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624
24.Jul.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


私には人参嫌いの夫にカロチンを摂取させる任務がありますので、意外に頻繁に人参ケーキを焼きます。
最初はケーキを焼けども焼けどもぺたんこで、「???」となっていた私ですが、サンドウィッチティンを買ってからは負け知らずです!(さほど勝ってもいないけど)

イギリスでどこでも売っているケーキ用ツール、サンドウィッチティン。
これ↓です。

どこがサンドウィッチなんだろう?というルックスですが、これはあのピクニックのお供のサンドウィッチではなくて、イギリスの伝統的なお菓子、ヴィクトリアンサンドウィッチケーキを焼くティンなのです。

同じ英語圏でも、アメリカやオーストラリアの人々がイギリスのスイーツレシピを読んで、「サンドウィッチティンてなあに??」となることがあるそうな。

ヴィクトリアンサンドウィッチケーキはその名の通りいかにもイギリスのお菓子で、イチゴジャムがサンドしてある、辛党の私にはなかなか手強いケーキです。

マーガリン会社のページより。


文化ってステキですね。


今週は金曜からとにかくあちこちで花火、花火、花火。
もうガイフォークスの時期なんですね。
ちょうどキッチンで洗いものをしていると目の前にドドン、ドドンと打ち上がってキレイです。
我がフラットでは、狭い間取りをものともせず犬を飼う人が何人もいたり、前のミニサイズなお庭でパーティする人もいますが、さすがに花火を打ち上げる人はいないので、お庭の広い一軒家の人々がガーデンパーティの最中に打ち上げる豪華な花火を遠巻きながら勝手にエンジョイしています。

日本では打ち上げ花火を打ち上げたことなんてなかったので、私もこっちへ来てはじめてやった時にはドキドキしましたが、迫力満点でイギリスの秋の風物詩としては歴史もあり、季節感もたっぷりで大好きです。
日本の夏の花火や、イギリスの年越し豪華絢爛花火も大好きで、それぞれの花火が持つ味がたまらんです。


さて、ハロウィンも花火も終わったし、いよいよ明日からはクリスマスに向けて突っ走りましょうー!(気が早いか)




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
mobile
忍者ブログ [PR]