ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623
30.May.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.Nov.2010
newベッド生活!
弱腰外交で日本の領土がすり減っていく今日この頃。
ナイスな日本人は、みだりに怒らず、相手の状況を200%慮って、気づけばつんつるてん。

遠地にいて日本のニュースを見ていると、もやもやして何が何だか分からなくなってきます。
唯一石原さんの言っていることが、至極リーズナブルに聞こえます。
というより、言っていることが分かりやすい。
思った事を言っているからこちらも賛同したり反対したりし易い。
とても健康的だと思います。
「パンダもらって尖閣渡すのかね?」

そうだそうだ、いくらかわいいからって。



日本は先の大戦で世界中からこっぴどくしぼられたトラウマ + 誠実で奥ゆかしい文化ゆえに、滑稽なくらい聖人君子たれとする気風が強すぎると思います。
世界標準の「聖人君子」ならいいけど、日本基準の「いい人」は、世界では「都合のいい人」。

ガイジン(ひとまとめ)と日本人の大きな違いは、言い争いをポジティブととるかネガティブととるかだと思います。
日本人は口頭で相手を攻めることをまるで暴力のようにとらえている節があると思います。
もちろん言葉の暴力というのはあるけど、本当にポカスカやるのとは本質的に違いがあるはずです。
むくつけきおっさんが口角泡飛ばして赤ちゃんを怒鳴りつけていたらそれはもはや暴力でしょうけども、自分の意見や相手への反論を言葉でびしっと投げかけることはコミュニケーションです…でも確かに、言いたい放題な私でもさすがに抵抗があるのを否めない、黙っていて分かり合えることを心の底で一番望んでいるのにうっすら気づく。。。ああ大和魂。




週末から続くミクロなわが家大掃除大会、まだまだ終了しません。
昨日、今日で持ち物の5分の1は処分したというのに。

さて、キングサイズ+木のへりが場所をとる例のベッドを処分後登場し、新寝床になっているのはこちらのロフトベッドです。


これでベッドの下も作業場に出来て、狭いベッドルームにもわずかにゆとりが。。。
寝心地はご想像通りですが、はじめてのロフトベッドに今のところは新鮮さを満喫中。夫がスタンドをつけたりして、就寝前の読書やゲームも木の上の生活みたいで(したことないけど)童心に返っています。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パンダはチベットのものです。
石原さん、もう少し若かったら、総理やって欲しかったな。
私の友達がデモに参加した時、たまたま買い物してた人が、「日本人は、沖縄を見捨ててなかった。」って泣き崩れたらしいよ。
政府より、ビデオ流出させた人の方が、よっぽど国を思っているのがわかるね。


newベッドうらやましい。私は腰が痛くて、湿布貼って寝てます(涙)。
ごえもん、踊ってたっけ? 2010/11/07(Sun)07:39:35 編集
石原さんみたいな人はなかなか出ないのかな。
政府の考えが本当に分からなくて、怖いくらいやね。
腰大丈夫?
お大事にね!
【2010/11/09 19:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]