ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[134]  [133]  [132]  [131]  [129]  [130]  [128]  [127]  [125]  [123]  [124
20.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜の午後はたいてい、レッスンを終えてから二人で散歩に出かけます。

今日のお散歩は、ノッティングヒルゲートNotting Hill GateからサウスケンジントンSouth Kensingtonまでのそぞろ歩きです。


映画でおなじみ、ノッティングヒルは、駅前こそごちゃごちゃしていますが、一本通りに入れば、なんともポッシュでかわいい街です。
アンティークショップが多く立ち並ぶ通りを、ぶらぶら歩きます。
兜や金の屏風が置かれたアジアの骨董品屋さんから、イギリスの伝統的なお店までアリ。


豪華シャンデリアのお店。




こちら、緑がぽこぽこ噴出したようなパブ。




路地に入っていくと、こういう小さなカフェがたくさんあります。




また別の路地には、狭いお店がこっそり並んでいます。
写真は昔ながらの紳士服のお店。6畳ほどの店内に、常連さんが二人ほど採寸をしていました。




閑静な住宅街の中には、こんな教会も。

      


ひとたび大通りに出れば、教会の裏手に花屋さん。




Glouceter Roadという駅を通り越して、South Kensington駅に向かう頃にはだんだん日も暮れてきました。
通りかかったパティスリー、バガテルBagatelleでケーキを購入。以前いただいたここのチョコレートケーキが濃厚だったのを思い出して。
ちなみに「バガテル」というのはクラシック音楽では、「ちょっとした作品」というジャンルで、ベートーヴェンの「エリーゼのために」なんかが有名です。



濃い~~~チョコケーキ。




今日のお散歩は、気分上々でした。


にほんブログ村 海外生活ブログへブログランキングの応援いつもありがとうございます!
海外生活のいろんなブログ

PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
素敵。
可愛い街だね。
遥か昔に行ったサンジェルマン・デプレを思い出しました。
今度はいついけるかな~行きたいところはたくさんあるのに、なぜか年明けに天敵南国に行くことになりそうです。
よかったら、落ち合いましょう♪
・・・って、Guam行くくらいなら日本に帰ってくるか。
yuki 2007/10/14(Sun)22:54:50 編集
うんうん、
石畳とか教会とかカフェとか、サンジェルマン・デ・プレと通じるよね。
あそこは、わたしたちもパリの中で一番好きなところ~。
グアム楽しんで来てね~。
ん?現地集合?
・・・・近所探索でもしときます。
【2007/10/16 04:30】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]