ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300
30.May.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25.Sep.2008
またキレる。

うちのフラットの入り口のインターコム(部屋番号を押すと中から解錠できるシステム)が、もう2ヶ月も壊れたままであります。
既にビルディングのメンテナンスをしている会社には連絡済みなのに、なんのアクションも起こらないままの2ヶ月。

寒くなってきたロンドンだというのに、レッスンの送り迎えの保護者さんは外で待っていらして、200%その会社の責任なのに、妻が生徒を下まで迎えに行くと、
「先生お手数おけしてすいません」
と言って下さる…面目ない。。。


そういうわけで今日は堪忍袋の緒が切れて、キーキー苦情の電話を入れてやりました。
そこは修理会社との仲介の会社なので、これまでの電話では、
「その件なら、他の住民の方からもすでに連絡が入っていますね。もう一度報告しておきますね」
と、あくまで「私は直接知らないし~、報告だけが仕事だし~」
的な態度がありありと出ていて、
「私に出来るのは、報告することだけなので、後は現場の責任です」
と言われれば、「あ、じゃあよろしくお願いします」としか言えないのが辛いところでした。


でももう我慢ならぬ!
「分かりました、この件はすぐに報告して処理します~」
とのたまうカスタマーサービスかなんかのおばちゃんに、
「いやいや、もうその言葉は100年前に聞いたけど、実際何もしてもらってないから怒っているわけですよ」
と、もうイライラしながらギャーギャー言うと、逆ギレも甚だしいそのおばちゃんとの電話は険悪の中に終了。

少し後になってその人から電話があり、
「あ、もしもし?さきほどの者ですが、壊れているのって、お宅の個人のインターコム?それとも共有の?」
という見当違いの電話があり。
「Commu----nal! さっき言ったでしょ?!」
とまたキレてしまいました。


これですぐに直しに来なかったら、ストーカーのように毎日電話してやる、と息巻いているところです。


お口直しに、昨日のミラノコレクションより、出来立てほやほやの一枚。
      
Pradaはやはりすごい。 Spring 2009 ready-to-wear


くどい様ですが、ロンドン暮らしっくに1票を!
⇒海外・イギリス系ブログ
⇒二人暮らしブログ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]