ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [299]  [296
20.Nov.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23.Sep.2008
そして二日目。

昨日の続きです。

2日目は、遅いスタート。
ホテルの朝食は結構美味。
甘党の人にはたまらないケーキがいくつも並ぶビュッフェですが、我々はオムレツとベーコン、サラミをこぞって食べました。
これだけ魅惑的なものが並ぶ中、りんごとコーンフレークを選んで食べているUKピープルには脱帽。


アイロンを使用したいデザイナーだけが午前中に会場に移動していたのですが、実際には昨日まであった業務用の巨大アイロンが行方不明になって、仕方なく誰かが持参した小さいのを全員で順番に使っていたとか…。

後で判明したことによると、アイロンは盗まれたそうな…
のどかな田舎、油断大敵。。


午後からは、いよいよモデルにフィッティング。
今回のモデルは本当にスタイルgood。
1サイズ小さかった靴も「何とか頑張ります!」と履いてくれました。(彼女がNoといえば、90ポンドの新品靴に、泣く泣くハサミを入れなければならないところだった…)
       


参考までに、夫の身長は174cmです。




その後、39人の審査員の前でマイクを片手に一人ずつ5分程度のプレゼンテーションをします。
これにはデザイナーたちは緊張を隠せない様子で、外でそわそわしながら順番待ち。
       




無事プレゼンが終わったら、ホテルへ一旦戻り小休憩。



ディナーパーティーへ向かったのは、丘の上に建つお城、Susans Castle。



こういう部屋がいくつもあり、和める雰囲気。



それぞれがめいめいに会話を楽しむ…。



食べるのに必死で、食事の写真が1枚もないのですが、イカ墨鮟鱇やカルパッチョ(牛刺しもどき)などのイタリア料理をはじめ、シャンパンにチョコレートファウンテンなど、いろいろでした。


いろんな人と話し、美味しいご飯も食べ、楽しいことに間違いはないけど、体力には限界があり。
第1号のお迎えバスが12時過ぎ!
どういうスケジュールやねん、と突っ込みつつ、もちろんそれに乗ってホテルへ戻りましたが、残ったパーティー狂の人々は午前2時の第2号バスまで飲んで踊ってその後吐いて、、、とフル稼働していました。



この日も爆睡だったことは、言うまでもない…


続く。






お忙しいとは存じますが、ロンドン暮らしっくに1票を!
⇒海外・イギリス系ブログ
⇒二人暮らしブログ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]