ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[119]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108
21.Sep.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

13.Sep.2007
シャネルの秘密
昨晩はすっかり寝る準備を済ませてから、「(邦題)サイン シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ」を鑑賞。
(←左で紹介しています)



2007年秋冬のクチュールショーより。
シャネルのデザイナーに就任して四半世紀のカール・ラガーフェルド。


映画「プラダを着た悪魔」を見た人には、よりぴんとくるかもしれませんが、華麗なるクチュールの世界の舞台裏を垣間見れるとても面白いドキュメンタリーでした。
英語字幕のフランス語だったのですが、フランス語特有のちょっとコミカルな気品が、伝統あるシャネルのアトリエで繰り広げられる騒動をさらに魅力的に。かわいらしいBGMもあいまって、視覚的に加えて音声的にも楽しめます。
奇才ラガーフェルドを支えるおばさんたちの活躍劇です。



ちなみにこれは、ピアノ会社スタインウェイが2003年の創立150年記念に、ラガーフェルドにデザインを委託して出来た「限定カール・ラガーフェルドモデル」。
・・・個人的には、餅は餅屋という気がしますけれども。







ブログランキングに参加しています。
↓のバナーをクリックして、投票にご協力をお願い致します。


にほんブログ村 海外生活ブログへ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うわ~
面白そう!
カールラガーフェルドには関係ないけど、でも、もう1冊のCHANEL本(8000円くらいするやつ)は、かれこれ何ヶ月も買おうか迷っております。
貧乏性なもので・・・。
しかも、最近シャネルでいい思いしてないしね。

ちなみに、ラガーフェルドモデル、素人が見たら何が特徴的なのかさえ、さっぱり。
まさか!!椅子の裏にでもcocoマーク!?フフフ
yuki 2007/09/14(Fri)21:42:46 編集
あ~
8000円は迷うね。
確かに。最近いい思いしていないyukiちゃんにとっては更に複雑ね。
あと1年くらい熟考して決断しては?!

ピアノに関しては、普通のグランドピアノを見てもらえれば一目瞭然なんですが、蛇足的な感じ・・・。怒られるわ、こんなこと言ったら。おほほ。
【2007/09/15 20:14】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]