ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[559]  [558]  [557]  [556]  [555]  [554]  [553]  [552]  [551]  [550]  [549
17.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週土曜日にイギリスへ戻るはずだった友人が、昨日までポーランドで足止めされていたのですが、昨日飛行機のキャンセルが解除され、無事戻ってきました。
速攻お土産を持って我が家へ来てくれて、夜中3時までしゃべくりました。

イギリス人パイロットも同様に足止めを食らっていたので、いよいよ離陸の時には、
「We're going back home Ladies and gentleme------n!!!!」
とハイテンションだったそうです。

土曜日まで便がないと言われていたのに、念のため空港を訪れたのが幸いして、ラッキーにも一番最初の飛行機に乗れたそうです。
そう、ピアノ好きにはたまらない、あのショパン空港。


ショパンLOVEの私のために、以下のようなイケてるお土産を買ってくれた彼女。







今夜は冷えるのでショパンヴォッカであったまろうかしら。
ピアノがうまくなりそう…


今年はショパン生誕200年で、ポーランドではこの1年を大いに祝福するイベント目白押しであったのに、今月10日、大統領夫妻を含む国家の要人が大勢飛行機墜落により亡くなりました。
今年は第16回ショパンコンクール開催年でもあり、国家が泣き崩れる事態となっては12日からの予備予選も延期になるのでは?と思われましたが、予定通り行われました。
が、
そのまた最中にアイスランド噴火で、予備予選に参加予定のコンテスタントたちがワルシャワ入り出来なくなるなどかなり大変だったようです。

友人が仕入れたポーランドの生情報では、きっとこの1年は喪に伏すためコンクールも延期だと人々は言っていたそうです。


今のところオフィシャルにそのような情報は出ていませんが、ポーランド国民が涙涙の日々を送っていることは確かなようです。

大統領官邸前には街全体を埋め尽くすような人々が花やキャンドルを捧げに集まり、長蛇の列をなしていたそうです。

160年前のパリでショパンの葬儀に集まった群衆を思い浮かべ、悲痛な気持ちになっています…




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
VODKAは・・・
リンゴジュースで割るのがポーランドでは多かったよー☆
飲みやすくておいしーよ♪
てか、朝方までごめんねー(>_<)
今度は早く行きます(*^^)v
しーまん 2010/04/28(Wed)00:09:30 編集
しーまん☆
リンゴジュースで飲むわ!
ショパンちゃんも飲んでいたのかしらね。パリで。郷愁の念にかられながら…。
しまちゃんありがとうね〜〜。
また来てね。xx
【2010/04/28 07:50】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]