ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [466]  [465]  [464]  [463]  [462
26.May.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04.Aug.2009
ARNE
今回、東京滞在中に忙しい中会ってくれたせれぷ夫妻
二人ともお話し上手で聞き上手、とっても仲良しなカップルです。
こっちが突然東京に乗り込んだのに、ご馳走してもらって、プレゼントsまで頂きました。


そのうちの一つ、ARNE 1号。(後ろの目玉は柳宗理展のカタログ。このお話は後日。。)




イラストレーターの大橋歩さんが企画、取材&編集をされている雑誌です。手書きのレターに彼女のイラストが満載で、ちょうどいい大きさ、厚さで、ユニークな雑誌です。
写真は全てただのデジカメでとったなんの変哲もない粗い写真なのに、柳宗理や仲田智が、奇跡かなと思うくらいうまくこの雑誌におさまっています。温かい冊子でした。


大橋歩は「メンズクラブ」「平凡パンチ」「ピンクハウス」などの仕事が有名です。
出身は我が故郷、三重県。
ちなみに今回の東京滞在の目的はピンクハウスを調べることでした。
文化服装学院の図書館の雑誌のアーカイブを期待して東京に赴いたのですが、運悪くテスト期間中。せっかちで怖いおばさんスタッフにすごい勢いで門前払いされ、出鼻をくじかれました。

しかし、「無情却って情あり。」おそるべしおばさん。
一瞬途方に暮れたものの、他の手段を模索した結果、親切な神田の古本屋さんの店長さんや、せれぷ夫妻にもらったこの雑誌や、友人エリネムに連れて行ってもらった行き着けショップの入り口に貼ってあった「ただいま留守にしておりますので、裏手のピンクハウス店内よりお入りください」というメモ、amazon.co.jp...などなどのおかげで、却って様々なアプローチからピンクハウスを知ることができました。
とさ。


本当に沢山の人に支えられています。ありがとう。



コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!
にほんブログ村 海<br /><br />外生活ブログ イギリス情報へ


PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]