ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131
23.Oct.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

寒くなってくると、なんといっても楽しいお風呂タイム!

お風呂は、長風呂で例の「カフカ」を読む妻と、どっぷりバスタブにしずみこんでデザインのことであれこれ頭を悩ませている夫の、まさに至福の時です。



そんな楽しいお風呂・・・・
が、我が家のバスタブはとんでもない欠点を持っていることが発覚。

ある日バスルームの隣のベッドルームの床が、何故かびっしょりぬれているのに気づいた我々は、あわてて大家さんを呼びました。
原因がわからないので、とりあえずベッドルームの壁にある空気孔のフタを取りはずしてみました。

空気孔からはちょうどバスタブが見えました。
なんと、バスタブの穴から出たパイプが、プツンとちょんぎれたまま、どこにもつながっていないではありませんか。



試しにバスルームからその穴に水を入れてみると、出てくる出てくる、水がそのまんま壁の間に垂れ流しです。



バスタブはしっかり壁にはめ込んであって、到底配管をやり直すのは不可能です。
大家さんは言う、
「なんかでフタしてバスタブを使って下さい」


わたしたちの楽しいバスタイムは、水がその穴に入らないように戦々恐々としながらのびくびくバスタイムになったのでした・・・。



配管がめちゃくちゃなのは、日常茶飯。
以前キッチンのシンクがあふれた時も、ふたをあけてみれば、水が上にしか流れないような驚きの配管になっていました。
その時大家さんは、
「くそー、あのプラマー(水道屋)ニセモノだったな!」
と息巻いていました。


不思議な国、イギリス。
細かいことを気にしていてはなりません。


(注:お察しの通り、写真はうちのバスタブではありません)


ブログランキングの応援いつもありがとうございます!
今日もクリックをどうぞよろしくお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ


PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
聞けば聞くほど、何ともひで~~話ではあ~りませんか!!<`~´>
イギリス人は神経が太いのか、それとも元からないのか、どっちだろう??
katy 2007/10/25(Thu)16:27:25 編集
そうなのだ~。
いわゆる、我々の思う「繊細な」神経は、持っていない様子。
こういうアバウトな国だから、アバウトな気質のわたしたちには気楽だったりすることもある、というわけですな。うむ。
【2007/10/25 17:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]