ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
22.Aug.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11.Jul.2008
Skin & Bones
ここ二、三日、ロンドンはずっと雨降りです。 
最近はせっせと図書館に通って自分用のアーカイバルファイルを作るべく、20、30、40年代のVOGUEのコピーをとっています。
じっと机に向かうのが大の苦手の夫にとっては重労働です。

昨日はSkin+Bones: Parallel Practices in Fashion and Architectureに行ってきました。

この展覧会は、ロサンゼルス現代美術館(MOCA)で企画、開催されたもので、日本の国立新美術館を回り、今回ロンドンにやってきました。


坂茂、フセイン・チャラヤン、ヨーリー・テン、ヴィクター&ロルフ、マックイーン、レム・コールハース、ギャルソン、アルベール・エルバス、
ザハ・ハディド......................etc

沢山の現代建築とファッションが併置された楽しい展覧会です。

会場は、テムズ川沿いに建つサマーセット・ハウス、


      

雨+何かコンサート会場のようなモノをセッティング中で景観悪し。
普段の様子はこんな感じ。



只今Barbican Art Gallery でThe House of Viktor & Rolfを開催中のオランダ出身デザイナーデュオviktor&Rolfの作品も展示されていました。(写真は別会場)
      

それにしても、伝統的建築物がこうやって日常的に当たり前のように利用されているのって、素晴らしい。


↓ぽちっと押して、あなたの愛の一票を!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
どこからこういう発想が浮かんで来るんでしょうかね~日本に来たとき、扇子をみて、、ビビ~っと来て、十二単を見て、これだ!!っと思ったのでしょうか、、そんな感じの服ですね・・いいものをたくさんみて、大物になっていきますね~~~がんばれ~~
corona 2008/07/13(Sun)16:49:28 編集
coro先生
ほんとにね~。
才能が備わるってのは、つくづく不思議な現象ですよね。
凡人は、あの手この手で苦労するしかない!
がんばりますー。
【2008/07/15 23:30】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]