ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [593]  [592]  [591]  [584
17.Dec.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日はSouthampton時代からの6年来の付き合いになる友人カップルの結婚式でした。
朝6時過ぎに起きて、二人で行ってきました。

花嫁は台湾出身、花婿はマルタ出身、親族がそれぞれ来英し、ロンドンや現在の住まいであるBirmingham近郊から国際色豊かな友人知人が参列しました。


自然に囲まれたマナーハウス、Sandon Hallが会場です。
ゲートから建物まで車で移動する間、牛たちがのんびり放牧されています。


建物はこちら。じゃじゃん!
1850年に再建されて以来その姿を保っているこのマナーハウス、結婚式場として一部を解放する一方、なんとその時からの貴族なファミリーが今も住居として使っている建物です。


花嫁の控え室。
ここで花嫁、花嫁の両親、Bridesmaidのわたしが着替えとヘアメイクの準備。
ヘアメイクのKaoriさんがさすがのグッドジョブでした。



敷地内にある古い教会へ車で移動してまずは挙式。



彼女のGuildhallの同級生がオルガンに合わせて賛美歌を披露し、祭壇のあるゲートの中にはBridesmaidの私と二人のフラワーガールが新郎新婦について入り、そこで神父さんが祝祷を捧げました。


古い古い小さな教会で、親しい人だけでアットホームな挙式でした。




会場へ戻って、パーティまで歓談。
よく考えたらこの時からシャンパンを何杯も飲んだので、1本あけたかもしれません。


夫たちはサッカーに興じたりして、のどかに過ごしました。


庭を歩く花嫁。
キレイでした!

くどいようですが、この人、いつもはすっぴん眼鏡っ子なんですが、コンタクトにつけ睫毛アリのフルメイク装備したら、ものすごくキレイになって完璧な花嫁さんでした。
肌がぴっかぴかのつるっつるでキレイなのも映えました。


夕方、パーティが開始。



二人が出会うまでの人生を写真で振り返ったり、新郎のイケメンボスがプロも顔負けの弾き語りでエルトンジョンなどを熱唱し、ヒューヒューと盛り上がりました。






新婦のピアノ演奏も。






おまけ:
台湾の伝統では、Bridesmaidに花嫁の両親が赤い封筒に入れた心付けを渡すのが習わしだそうです。
こんなかわいい封筒をいただきました。




とにかく教会式のウェディングといってもその様式、式次第は様々。
教会のベルが音楽を奏でる中、新婦がバージンロードを歩いて入場する感動のシーンで、私がのこのこ後ろをついて歩いていたのは未だに謎ですが、(ついてこいと言われたから)こういう入堂もあるのかもしれません。

恐らく日本のホテル内の教会式では一般的なのは、誓いをたてて、ベールをとって、チュっというイメージがあるかもしれませんが、今回は誓いの言葉も長く、「誓います」の前に、「〜なときも、〜なときも」から全て神父のオウム返しをしました。
二人のチュも、全てが終わって退堂する前に、神父さんが「やはりここは見せて欲しいものですな」とはやしたてて、みんながひゅーひゅー言って、リクエストにお答えする感じで新郎新婦がみんなの方を向いてチューーーっとしていました。

様式は大事で、伝統も大事だけど、国籍が違って時代も変われば、新しい形が出来るのは当然。
要な二人がそこで愛の誓いをかわし、彼らを知る人々がその証人となって祝福することが出来ればよいわけで。

ステキな一日でした!


コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あのスッピン、眼鏡っこちゃんがね~~美しい花嫁さんに大変身!! いやはや、カンドーです!!!そしてマナーハウス、外から眺めてばかりだったので、一度中に入りたいなぁ~~(^◇^)
katy 2010/08/03(Tue)09:07:32 編集
katy☆
そうどす、この子があの眼鏡っ子ちゃんどす。
キレイやろーー?!
素材がえがったんだわ。
今度マナーハウス探訪しよね〜☆☆
【2010/08/04 06:44】
すてき!
もしや花嫁さんは、譜めくりをしてくれた彼女!?
おめでとう!!

日本でもゲストハウスウェディングが流行みたいだけど・・・お庭に牛を放牧していて、あの雰囲気は、ムリだねー。
れんちゃん 2010/08/03(Tue)10:01:13 編集
れんちゃん☆
そうどす、この子があの踏めくりっこちゃんどす。
(彼女にかわって)ありがとう!!!
日本の結婚式はほんとにすごいよねー!
れんちゃんのweddingも、ステキだったね〜〜☆
牛の放牧が譲れない!という方はイギリスでどうぞってか。
【2010/08/04 06:46】
無題
はじめまして
突然のお尋ねで申し訳ありません。
今、ピアノのスコアを捜しています。
ブージー&フォークス社の2台2手による「仮面舞踏会」という楽譜なのですが、日本のサイトでは見当たりません。
お手数をおかけして申し訳ないのですが、イギリスのサイトで何処を見ればいいか教えて頂けたら幸いです。
wakui 2010/08/07(Sat)10:10:19 編集
wakuiさん☆
こんにちは!
イギリスでの楽譜探しは、拙ホームページのリンクにいくつかご紹介していますので、そちらを是非。http://maipiano.com/link.html
お探しの仮面舞踏会はハチャトゥリアンのでしょうか?「Khachaturian 2pianos 4hands」で検索されたら出てきます。
サイトによってお値段違いますし、送料もかなりかわると思うので、見比べてみて下さいね☆
【2010/08/11 00:22】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
mobile
忍者ブログ [PR]