ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255
26.Jun.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ホリデーは目前、今日は天気のいい日曜日、半端なく人が多いだろうなあと思いつつも、用事を済ませるために街へ出た我々。

案の定の込み具合に気力を失いつつも、一日頑張りました。

さて、なんとなく疲れた後は、すきすきガラガラの映画館で、のんびり映画を見て帰るのがよし。
Piccadilly Circusの喧騒の真横にありながら、いつもガラすきなのは、Apollo Cinema。三越のお向かいです。




こんなに新しくてきれいなのに、閑古鳥。お値段がちょっとばかり高めなので集客率が低いのでしょう。
特に目当てのものはなかったので、これを見ました。


The Edge of Love
キーラ・ナイトレイ、シエナ・ミラー出演の、第二次大戦前後のイギリスを舞台にした男女4人の愛憎劇。




脚本はキーラ・ナイトレイのおかあさんですが、酷評されています。
確かに何かと「惜しい」感満載な映画でしたが、やはり戦中ロンドンのシーン、後半の舞台となるウェールズの町は興味深く、英語もさほど難しくないので、ポップコーン片手の休憩にはかろうじてアリです。

とりあえずこの4人の関係には何の同情も共感も出来ず、実在の詩人ディラン・トーマス(1914~1953)が一番嫌いなタイプのおっさん設定だったので、感想は控えます。
「人は理性をしっかり持って生きるべし」ということだけは再確認しました。

明日から一週間、理性をしっかり持って頑張ろう。


↓ぽちっと押して、あなたの愛の一票を!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]