ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[586]  [585]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576]  [575
30.May.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロンドンにくわしい方ならご存知かと思いますが、ロンドンの地下鉄は色分けされていくつかのラインで成り立っています。
うちの最寄り駅はセントラルラインという、いわば中央線という線の駅なのですが、これが結構順調なラインで、遅延や封鎖が少ないラインでおなじみなのですが、いざという時に限って「深刻な遅延」状態に陥ったりする意外に油断もすきもないラインなんです。

今朝は朝のレッスンの前に街に用事があって、8時半の電車に乗ったのですが、ちゃっかり遅延で、待てど暮らせど進みません。

車窓からの風景。
こんな殺風景な景色を見せられることン十分。


結局予約していた用事には間に合わない上に、このままだとレッスンまでに家に戻れないので、2つ先の駅にようやく着いた時に降りてまた戻ってきました。

予約はキャンセル。
意味のない乗車で6ポンドチャージされたので、駅で控えめにブリブリ言ったらリファンドしてもらえました。

駅や駅員さんによってはこういう場合でもリファンドしてもらえず、いちいち面倒な手順を踏んで返金申請をしないといけないことも多々あります。
遅延が日常茶飯事のロンドンでは、そういった事態もひっくるめての「地下鉄」なので、対応も居直り気味なのでしょう。

それにしても、この忙しい時に無駄足踏まされて用事を全う出来ずイラッとしたのですが、バッハのチェロ組曲や大好きなエレクトリカルパレードを聴いていたら不思議と気が紛れました。
音楽の力は素晴らしい。

ちなみにこういう時も、誰一人いらだつことなくおとなしく車内で時を過ごすイギリス人の忍耐強さには脱帽です。




コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ<br />イギリス情報へあなた様の一票で、順位が上がります。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
mobile
忍者ブログ [PR]