ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[479]  [478]  [477]  [476]  [475]  [474]  [473]  [472]  [471]  [470]  [469
22.Nov.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先週の金曜日。
連絡をしてくるはずの友人から、音沙汰がない。

週末会う予定にしていたのに、どうしたのかしら?と首をひねりつつ、携帯や家に電話をしてもつながらない。

「あれ?お出かけかな?」

そんなことはこれまでなかったので、少し気になりながらも結局その週末は連絡のつかないまま過ぎた。



今週に入って、その友人から電話があった。
先週金曜日にストレス性の疲労のため自宅で倒れ、週末ずっと入院していたとのこと。


ストレスとはそれほど縁のなさそうな彼女に一体何があったのか。


真相はこれ。




我々夫婦がキャンプキャンプと浮かれていたある日の夕方。
彼女とボーイフレンドの住む家に、突然見知らぬ男がやってきた。
「Mr.Huckleはいるか」
という。

当然彼女たちの家にMr.Huckleなる人物はおらず、まして面識もない。
ただ、その名前には覚えがあった。

ここ最近、急にMr. Huckle宛の郵便が頻繁に送られてきていたから。
その郵便は全て、確かにこの家の住所に宛てられていたものの、この家にはもう6年以上彼女たちが住んでおり、これまでMr.Huckle宛の郵便が来たことなどなかったという。

何か登録上の間違いかとまとめて返送していた矢先。
とうとう彼への訪問者までがやってきた。

「ここにそんな人物はいません」
と丁重に断るも、謎の訪問者はその後もずっとドアの前で家の様子を伺って立ち去ろうとしない。

薄気味悪く思いながらも、ドアを閉ざしていると、やがて新たな訪問者がやってきた。

警官である。


「Mr.Huckleはいるか」


突然のことに面食らう二人。
そんな人物がここにいるはずもなければ、知りもしないのに、警察は家宅捜索をはじめた。

警察犬も参加の家捜しは、天井裏までぬかりなくチェックが入り、いよいよMr.Huckleの不在を認めた警官が立ち去った後も、二人には何が起こったのか検討もつかない。


翌日。
家の電気が止まった。
ブレーカーは落ちていない。
近隣の家には何の異変も起きていないので、早速電気会社に連絡をとる。

なんと、彼女の名義で最近住所が変更されているという。

全く身に覚えのないことに動揺し、すぐに警察に連絡を入れる。
なんと、この住所から彼女の名前が抜かれ、見ず知らずのMr.Huckleという男の名義に変更されていたことが判明。

その時点でこの家の住所には、Mr.Huckleの名前が登録され、ガス電気水道あわせて8000ポンドが未払いになっている状態だという。


彼女がMr.Huckleと無関係であると認められるまで尋問を受け、現在は詐欺被害の事後処理を警察に託しているとのこと。

警察から見せられた住所変更の書類には、確かに自分の直筆サインが明記されていたという。


直接の被害は免れたものの、個人情報がすでに第三者に渡っていることは明白。
警察からは、流出源と思われるゴミの出し方に注意を受け、シュレッダーを購入予定の友人。



この一連の騒動の果て、トイレの前でひっくり返った友人。





ゴミはくれぐれも注意して出しましょう。
杜撰なこれまでのゴミ出しを、今更深く反省する我々夫婦からの、背筋の凍るMr.Huckle事件でした。








コレ↓を1クリックでロンドン暮らしっくに1票入りますので、是非宜しくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コワ過ぎる…
その話、コワすぎます…
でも、私の友人の彼も、自分に振り込まれるはずのお金(ビジネス上のかなりの額)をあっさり他人に盗まれ、いったいどこから情報が漏れたのか、結局原因が分からぬままだった…と聞きました。
わたしも、スキミング被害に遭いそうになったことがあるし、まずはゴミの出し方、要注意ってことですね。
yuko URL 2009/08/22(Sat)07:56:17 編集
yukoちゃん☆
そうだ!yukoちゃんもスキミング被害遭ってたよね!
怖いよね~。
シュレッダーでゴミ対策しても、通りすがりのスキミングは避けようがない気もするよね・・・カードが何枚も重なって財布に入っていると大丈夫だというけど・・・
この世は油断もすきもないけど、目を光らせて犯罪に打ち勝とう!!
【2009/08/23 11:13】
無題
ビックリしました。
こんなことがあるとは…やは不況のせいでしょうか!?ただ不思議なのが、勝手に名義変更されていたとありますが、エージェント等からは一切彼女に連絡はなかったのでしょうか?サインさえあれば、第三者が簡単に変更出来るスキームだとしたら、恐ろしいですね。私も結構間抜けなので、これを読んで気をつけようと思いました。
友人さんが早く元気になってくれることを願います。

Gontatta 2009/08/23(Sun)03:40:27 編集
Gontattaさん☆
本当に怖いですよね~。ゾクゾク。
住所から名前が抜かれたという表現はミスリーディングでした!家の名義はそのままで、ガス電気など、彼女がその住所を登録していた契約先に手を回されていたんです。
こういった住所変更手続き、確かに電話一本ですし、ピンナンバーやパスワードの情報が漏れていたらひとたまりもないですよね。
あー怖い。
用心しましょうねー!!
【2009/08/23 11:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]