ロンドン生活ブログ。音楽のこと、ファッションのこと、ピアノのレッスンのこと、その他雑感、クラシックな物事が好きな夫婦のフツウの話。
[245]  [244]  [243]  [242]  [240]  [241]  [239]  [238]  [237]  [236]  [234
18.Nov.2017
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

17.May.2008
判事のローブ
古いものを壊さない。
直して使うか、新しく同じものを作る。
それがイギリス人のポリシー。
そんなイギリスで、今話題になっているのが、「判事のローブ」


こちらはイメージ
      



英国で18世紀より使用されてきた判事用のローブのデザインが今回一新されるそうです。
デザインを手がけたのは大御所デザイナーのBetty Jackson.

何に関してもそうですが、長く歴史あるものを変更する時には、様々な問題を伴うのが常で、こちらも例外ではなく、ただいまイギリスで物議を醸しています。

ガーディアン紙のHadley Freemanはこうコメント。
"Lord Phillips now just looks like the man who sells you tickets for the Star Trek Experience at Caesars Palace in Las Vegas."
(フィリップ首席判事は、今やまるでラスベガスのシーザーズパレスでスタートレックのアトラクションのチケットを売ってるおっちゃんです。)



こちらで新旧のローブ揃って写真が見れます。

着用も容易になり、古いローブにはなかったポケットのようなものもついているし、年間£200,000(約4000万円)のコスト削減につながるようです。


↓一日一回ここをクリックで、ブログランキングの応援をよろしくお願いしますー

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

PR
この記事にコメントする
Name
Title
color
Email
URL
comment
password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
London
書き手
counter
ブログ内検索
東日本大震災へ寄付

これから長期に渡る支援が大事。
細く長く頑張りましょう!



↑英国在住者↑


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
mobile
忍者ブログ [PR]